ヴィエンのメリットは?

メリット

・時間・都合的融通が効く(施設内お預かりに関しては24時間スタッフ常駐)

・コストが明確、廉価

・一頭一頭にきめ細やかにお世話が出来る

・体のケア異常など速やかに察知し、対応出来る

・ストレス負担を軽減出来る

・パピー(成犬の一部においても)に、お留守番、トイレやクレートのトレーニング・管理が出来る(※外(預かり先)で出来ても、自宅で出来ない子もいます。またその逆のケースも)

・その子の特徴や生活習慣を客観的に分析し、アドバイスすることが出来る

・防犯上やセキュリティチェックとしても有効

 

デメリット

・シッター、スタッフがどうゆう人か不安

・家の中に上げたく(見られたく)ない

・物品や財物等の紛失、個人情報漏えいの不安

・お留守番が出来ない

 

などが挙げられます。

 

ただし、ヴィエンでは

東京都登録済み、また

 

・動物取扱責任者登録

・認定ペットシッター 

・パピーティーチャー資格

・家庭犬しつけトレーナー

・動物衛生看護士

・愛玩動物飼養管理士

・全国ペットシッター協会会員

 

の資格保有スタッフが個々の飼い主さんのさまざまなケースに対応、また適切な飼養および管理についての実施・アドバイスを、的確かつ適宜におこなっております。

 

ヴィエンの基本コンセプトは、いつもと変わらず、素敵な共生のお手伝いが出来れば という思いで活動しています。

 

ヴィエンの活動においてひとつの指標となる書籍・文面をご紹介します。(ここではワンちゃんですが、すべてのペットちゃんに対する思いです)

 

 日中ずっとイヌに留守番をさせるのであれば、ペットシッターを雇って昼食時に散歩に連れ出してもらうとよいだろう。8-10時間というのは独りですごすには長すぎる時間である。

 特に朝、出勤準備でばたばたしていて充分構ってやれない場合(急いで散歩に行き、ささっとモッテコイとヒッパリッコ遊びをし、食事を与え、後は放置するような場合など)は、是非そうしてほしい。確かに半日くらいであれば、イヌは排泄や空腹をがまんすることができる。人間だって無理をすればできないことはないだろう。

 

 ただ、私が気になるのは、最後の2-3時間をイヌがどのような気持ちですごすのかということである。生理的にがまんできるからといって、無理を強いるのはおかしなことである。

 

~ザ・カルチャークラッシュ~

P75より引用)

ジーン・ドナルドソン著(2004年発行) 出版元:レッドハート株式会社

 

※どのようなご相談でも構いません。難しい範疇もあるかもしれませんが一生懸命飼い主さんの立場にたち、対応いたします。カウンセリングだけでも結構です。お電話やメールにてお問い合わせくださいませ。

 

みなさまにとって素敵なペットライフでありますように

 

Vien! スタッフ一同 

 


△PageTop

 

Copyright(C)2011-2017 Vien! All Rights Reserved.

画像・文章などの無断転写は一切禁止します